2015年08月30日

短歌(うた)と墨と木のシンフォニー展

8月も、もう終わりですね。
あと、1日を残すだけです。

今日は、8月7日~9日に行われた
「短歌と墨と木のシンフォニー展」の写真をご覧下さい。



私が属している新短歌のグループ「潮」は、
奈良県の生駒に拠点を置いています。
2年に1度、作品展を行います。

今年は、新短歌の他に、墨象、書、木工の作品も展示されました。
その様子を少しご紹介したいと思います。

一人、一点自由に表現した作品を展示しています。↓


こちらは、書家の「奈澄和(なずな)」さんの作品↓
なずなとは、ぺんぺん草の事だそう。
20代の可愛い女性です。


こちらは、万葉集を書かれています↓
墨の濃淡が美しい。


こちらは、吉田令子先生の墨象↓
このように肩の力を抜いた、ふっとした字を書いてみたい。


ここからは、会員の作品↓

言葉だけでなく、豆の絵があるのがいいなぁ・・。
どんな想いが、こぼれたのかしら??と気になる作品でした。



次の作者は、学校の先生でしょうか?
「聴く子は育つ
読む子は伸びる
書く子は考える
そして 話す子はおもしろい」
そうなんですね。ほんとに、話す子はおもしろいですね。

新短歌は、31文字という制約はありません。



こちらは、鍵をテーマに4首を鍵の形に切り抜いた紙に表現。
都会的なイメージです。



最後に私の作品を。

真っ白な紫陽花を頂きました。
それを見た人はみんな、口々に「まあ、きれい!」「珍しいねぇ」と
黙っている人はいませんでした。
そんな瞬間を切り取ったつもりです。。



生きている間にそんな瞬間があったね、という自分の記録を
つけているつもりで新短歌を続けています。
たぶんこれからも私は、自分史を作っていくつもりで、
その時その時の想いを新短歌という形に残していくのでしょうね。
  


Posted by みこ  at 21:56Comments(2)短歌

2014年08月18日

あの年のお盆の私

お盆休みも終わり、また日常が始まりました。
このお盆は、本棚を整理してみました。
すると、以下のような事があって、
しみじみとこのようなお盆もあったなぁと思い出しました。

2か月に5首、あるきっかけで生駒にある「新短歌クラブ」に
投稿を続けています。
自分が作った歌は、どんどん忘れていきます。
日常の出来事をこんな事、あんな事がありました。と
指を折りながら31文字にまとめただけの歌ですので、
昨日の晩のおかずを忘れてしまうのと同じようなものでしょうか?

投稿した歌は一冊の冊子になって、次の月に
送られてくるのですが、それも見ないままです。
怖いのです。
自分の拙さと向き合うのが。

でもこのお盆休みは、先に言いましたように
本棚を整理して、思い切って今までの歌を恐る恐る見てみました。
するとその中の、2011年11月号を見た時に当時の光景が
鮮やかによみがえりました。

「前号批評」というコーナーがあり、
その号の前に発行された号に掲載された歌を
ある方(基本的に他の会の歌人の方)が、
コメントを書いて下さいます。
11月ですから、9月に掲載された時の歌
にコメントを下さっています。

その時の私の歌と頂いたコメントです。

「気をつけて」「はい」と返事して 自分の世界に戻っていく息子
コメント
お盆休みに帰省した息子との数日。
どこでも同じような光景が目に浮かぶ。
「はいと返事して」が、会う度に成長して「自分の世界」を作っていく息子。
他人めいたものを感じる母親の複雑な気持ちが出ている。
寂しいけれど頼もしいではないですか。


そうそう・・・
これは、2011年だから今から3年前。
息子は、当時大阪の会社の独身寮にいたわ。
最寄りのJRの東口まで車で送っていった時。
車を降り、荷物を手に改札に向かおうとした息子に
何か言葉を思ったけれど出てきたのは、ありふれた
「気をつけて。」の一言。
「はい。」とだけしっかり返事をして振り向きもせずに
行ってしまったっけ。

そうね。
こんな瞬間もありましたねぇ。
すっかり忘れていたけれど。
拙い歌だけれど、形に残しておくと忘れていた自分の思いと
出会う事ができました。

あの年のお盆は、こんな思いを抱いていたのですねぇ、私。







  


Posted by みこ  at 14:27Comments(0)短歌

2014年07月01日

作家魂を、くすぐられる・・

今日、東京の㈱○○社というところから午後に電話がありました。

11月の末に3日間、平安神宮で短歌や俳句を200点
展示する会を開く。
平安神宮という平安を祈る場所なので明るい作品がいい。
ついては、あなたの作品を図書室に寄贈されている
「球体の風景」で読みました。
(球体の風景とは、私が属する新短歌クラブ「潮」が
2年に1回発行する冊子です。
写真右は、「潮」。写真中央と左は「球体の風景」)




あなたの歌は、大変この趣旨にぴったりです。
その歌を、京都の有名なお店の扇子に、
書の大家に書いてもらい
伊勢神宮の絵?も描いている画家に絵を描いてもらい・・・・
と、話は続きます。

この話の趣旨は、何でしょう?

始めは、そりゃあくすぐられましたよ・・
えっ!選ばれたの?私?!
でも、あちらの正体がわかりません。
明るい作品と誉めていただいても、
「はい」「はい」とぎこちなく返事をしていただけ。

そして、尋ねてみました。
「そのようなすばらしい方に作って頂くとなる
と出展料もさぞかし??」
あちらは、
「~~円」と、福沢諭吉さんが団体で
お財布から出て行く金額をおっしゃいました。

これは、この金額を支払っても展示して頂く価値は
あるのでしょうか?
HPで検索すると、確かに会社は存在し、
「価値ある作品に価値ある発表の場を」というコンセプトで
今までも同様の展示会を高台寺や金沢公園で実施しています。

まんざら、嘘でもないようだ。
では、その出展料が高いか?どうか?

これは、もう本人の価値観次第でしょうね。
価値があると思えば、諭吉さんの団体旅行も
なんのそのでしょう。

一瞬、自分の作品がたくさんの中から選ばれて
平安神宮に飾られるという事に
作家魂(←というほどのものでは、全然ありませんが)が
くすぐられましたが、どうでしょうか??

私は、日々の出来事を歌にしているだけ。
そして、もしかして、万一、皇居の歌会始めに選ばれたりしたら、
どうしよう?
やはり、着物は新調すべきでしょうねぇ・・と、
浮世離れした事を夢見ているだけ。

今回は、多分ご縁はないような気がしますが、
毎回締め切りギリギリに提出して、
もう歌をやめようかと思っていた時だけに
どこかで誰かが私の歌を読んでくれた。
そして、その歌について私に反応を返して下さったという事が
素直に嬉しかったです。

㈱○○社の皆様、
「拙いですが、明るい歌、前向きになれる歌をこれからも
コツコツ作って参ります。
もし、ご縁がありましたら、
その時はどうぞよろしくお願いいたします。
今日は、お電話ありがとうございました。」

  


Posted by みこ  at 23:35Comments(4)短歌