2009年10月06日

できる男のマナー講座 和室編

10月6日更新:
昨日、イーグレの4階のお茶室で

「できる男のマナー講座 和室編」

を実施しました。

今回のテーマは、堂々とふるまう

和室で、お菓子とお抹茶を頂きました。


お菓子は、姫路の蒲田の甘音屋さんの「おいもさんの大福」



真中にさつまいもが、チョコンと載った可愛らしい大福です。

甘いもの好きな私にとっては、

まるで宝石が詰まった箱のように思われます。

これは、本気を出せば、5個は食べる事はできます。

と、ついつい好きなお菓子の事で、話がそれました。



そうでした。マナー講座の話です。


7時スタート

まず、空のお茶碗で扱いを練習。


右手で取り上げ、左の手のひらに置き、
正面を避けるために二回回す。

というような動作を
自分の手にお抹茶茶わんが、しっくり馴染むまで
繰り返します。


この、例えば「左の手のひらに載せる」

文章で書くとさらっと一行にもならない事が
実際にやってみると、なかなか難しいのです。


「慣れていないから。」

ということは、慣れると簡単なのです。

だから、時間の許す限り、
皆さんに実際にお茶碗を触って頂き
慣れて頂くようにしました。


そして、次は、席入りの練習。

襖の開け閉め、にじって入る。。など、

普段、慣れていない動作もありますが、

ご参加下さった皆様は、一所懸命に取り組んで下さいました。


練習を十分にして、

さあ、本番です。

実際にお菓子とお茶を頂きます。




練習の甲斐があり、笑顔がこぼれる余裕もありました。

脚は、どうぞご自由になさって下さいという事で

あぐらもOKです。


お茶碗の拝見もし



いろいろな質問にお答えし




あっという間に、お開きの時間になりました。

最後は、足が立てなくて、思わず廊下にころがってしまった人もいましたが、

緊張もあり、時々ふっと力が抜けて笑う場面もあり・・・



お仕事の後、マナーを学ぶという志をお持ちの方が集まって

生み出す空間は  

本当に有難い。

有ることが難しい空間だと思います。

そのような空間に身をおける幸せを、つくづく感じます。


また、人に何かをお伝えしようとする事は、自分の学びです。

普段、無意識にしている事を質問されて、十分なお答えができなかったと思う事がありました。

自分の未熟さを教えて頂きました。

皆様にお伝えする事で、実は一番学ばせて頂きました。

ありがとうございました。

勉強して次回にお答えします。


次回は、12月7日午後7時から。
場所は、イーグレ姫路の4階和室。

師走のあわただしい時ですが、皆さまと有難いひとときを

共有できる事を楽しみに致しております。


初めての方も大歓迎です。

ご参加をお待ち致しております。






  


Posted by みこ  at 22:47Comments(2)お知らせ