2011年06月28日

JIN-仁 最終回の感想

今日は、本当に徒然なるままに、思いつく事を。
いえ、毎回思いつく事を書いているのですが。

「JINー仁」終わっちゃいましたね・・・
日曜日の夜だったから、
約二日経ったのにまだ余韻に浸っていますよぉ。

最終回よかったですねぇ!!
いい結末でしたね。
私はそう思いましたよ。

咲さんの手紙が、時を経て、読むべき人にちゃんと届く。
この展開よかったですよねぇ。
これぞ、壮大なドラマという感じ。
そして、咲さんの手紙を読んでいるシーンでは
まるで、自分が咲さんになったつもりで
(ちょっと厚かましいけど)
一つ一つの出来事を思いだしながら見てました。

最後のセリフが秀逸でした。

「先生を橘咲はお慕い申しておりました。」

このドラマの魅力はいろいろあるでしょうが、
私はなんといっても咲さんの魅力にはまりましたよ。
それは、彼女の聡明さ、勇気、けなげさ、正直さ
もちろん
演じた綾瀬はるかさんの美しさは言うまでもないです。
(彼女、大河の主役に決定しましたね~~。
おめでとうございます。
彼女の魅力を大河でも最大限に生かす脚本を期待します。)

なかでも咲さんの一番の魅力は、その言葉でした。

「先生、~~~ではござりませんでしょうか?」
江戸時代ですから、「~~ござる」の言い回しになるのは
当然でしょうが、
でも、美しい言葉でしたねぇ。

先生に対していつも、丁寧に話す。
しかし、はっきりと自分の意見は持っている。
言うべきことはまっすぐに相手を見て言う。
このようなシーンの綾瀬さんのアップ、きれいでしたね~~~

咲さんの手紙の最後の言葉を受けて、
「私もですよ。咲さん、私もお慕い申しておりました」と仁が言うシーンは
本当によかったですね。

お互い「お慕いしていた」のに結ばれないのは残念。
という声もあるかもしれないけれど、
あの結末はあれでよかったと思います。

あの後咲さんは、二度々会えない人を思い続けて不幸せだったのか?
と思うとそうでもなかったのではと思います。

薄れていく記憶の中で思い出した確かに恋した人の存在。
今は、忘れていってしまうけれど確かにいたこの人の記憶を
残しておいておきたいと、必死に筆をとる咲さん。

このように、なんとかその人の存在を残しておきたいと
思うくらい好きになる人に出会えた自分の幸福を
聡明な彼女は理解していたと思います。
その幸福に目を向け感謝して、
きっと咲さんは、医者として安寿ちゃんのお母さんとして
いい人生を送ったのだろうと思いますよ。

と、長々と私何を書いているのだろう?

でも、あのドラマ、きっと最終回の感想をあれこれ話し合いたい人
沢山いらっしゃると思うのだけど・・

まことに、「仁」が完了し残念でございます。

  


Posted by みこ  at 14:53Comments(0)その他

2011年06月28日

三宮のとあるお店で

先週、「見せるラジオドラマ」でご一緒した克香さんと
三宮で女子会♪



ほら!
このお皿の左上、かわいい小さい子が顔を覗かせているでしょう?
このように出てくる器が一枚一枚とてもおしゃれなお店で
いろいろおしゃべりを楽しみました。
お店の名前は忘れました。。

生まれも育ちも福井という克香さんから、
福井県の県人気質や風土について教えて頂きました。

福井は一揆のあった土地なので、
DNAにそのことが刷り込まれている。
だから、身内の人以外には余計な事は話さない。
馴れ馴れしくしない。
なかなか打ちとけるまでに時間がかかる。

「えぇ~~!DNAに刷り込まれているんですか?!」と
びっくりするやら面白いやら・・


「でも、根はとても真面目で教育熱心で貯蓄も多い県民です。」
という事を美しいお声で、ハキハキとお話下さいます。

耳に心地のいい声というのは、魅力的です。
いつまでもお話を聞いていたいと思いました。

お土産に焼鯖寿司を頂きましたよ。
このような包装です。↓



包装をとると、このように二種類のお寿司が入っていました↓



それぞれを少し離れて撮ってみると・・↓




こちらは、焼き味噌鯖寿司↓
ご飯の上にお味噌がたっぷり~
初めて頂きました。
おいしかったです!!
克香さんのおかげで福井が、
とても身近な存在になりました。



また女子会しましょうね。  


Posted by みこ  at 11:35Comments(2)restaurants