2012年02月25日

食べにくい物を食べるテーブルマナー第二弾 その1

先日、ホテルシーショア御津岬で、
「食べにくい物を食べるテーブルマナー第二弾」を開催しました。

第一段は、
・骨付き肉とフィンガーボールの扱い
・魚を丸ごと一匹出して頂いてナイフ、フォークで身をとる

という練習をしました。

第二弾は、
皆さまから以下の質問が出て実施いたしました。

「パスタは、フォーク一本で食べるのが正しいの?」
「パスタは、スポーンを使うのは、マナー違反?」
「シュークリームをナイフ・フォークでどうやって食べるの?」
「ポロポロ落ちるミルフィーユは?」
「ブドウの皮付きが出たら、手で口にいれていいの?」



以上の練習をしたいとお願いすると
快くメニューに入れて下さいました。
ありがとうございました。



オードブルは
自家製ハムのテリーヌ



新宮産大豆のスープ
地元の材料を使っているのが嬉しい♪



いよいよシーフードスパゲッティ
今日のテーマの一つです。


パスタを上手くフォークにからめるには、
フォークの櫛のようになっているところの全体に巻くのではなく
下二本に巻くのがコツだそうです。
この表現で伝わりますか?




左上に見えるのが、フィンガーボール。
ぬるめのお湯にレモンが浮いています。
エビを頂く時に手で掴むので、ご用意下さいました。

右側のフォーク1本を使います。
残りのフォークと左側のナイフは、次のお肉料理用です。


教えて下さったのは、ホテルシーショア御津岬の小池さんです。
とてもわかりやすく優しく教えて頂きました。
ご指導のおかげで、全員スマートにパスタを頂きました。

この写真は、お食事の前にグラスの扱いの説明です。
   ↓


実際の場合は、パスタはカジュアルな雰囲気の中で頂く事が
多いかと思いますが、この日のように改まってパスタの頂き方を
練習してみるのも面白かったです。
  


Posted by みこ  at 19:45Comments(0)ハッピーマナー