2014年09月29日

いきがい寄席、大入満員

9月28日(日)いきがい寄席が、亀山の本徳寺さんで行われました。



木戸銭は、500円。
ほら、こんな可愛いチケットだったのですよ。

受付は、本徳寺さんの広~い廊下。
小学生の僕が、落語に興味があるからという事で
お母さんに連れてもらって来てくれたのですよ。

櫻の間で、喋らせて頂きました。
舞台の後ろは、姫路市指定の重要文化財の襖絵です。

昨日は、出る直前に桂出丸先生から
「大きい声でいきましょう。」と一言。

大きい声でと思って喋っていたら、最後の浄瑠璃と
口三味線のかけあいで息を継ぐ所がなくて、
もう声が出なくなる!と、思いながら
必死でなんとか最後まで喋りました。

「浄瑠璃が浄瑠璃のように、三味線は三味線のように聞こえないと
いけない」と、終わった後で一言。

自分では、精一杯務めましたが、改良点が満載の昨日の
「豊竹屋」でした。


  


Posted by みこ  at 14:39Comments(6)落語