2015年06月29日

神戸スピーチサークル

日曜日に、神戸で「神戸スピーチサークル」に招かれて
お伺いしました。




「神戸スピーチサークル」は、
私が講師をしている「神戸新聞文化センター話し方教室」と
毎年秋に合同スピーチ発表会を行っている、
話し方を学ぶ同志のような存在です。
普段は、メンバーお互いがリーダーになり
3分間スピーチを練習しているサークルです。
はっきりとした理念を持ち、
話し方に取り組んでいらっしゃいます。

昨年からお声をかけて頂いていたのですが、
やっとスケジュールが合い
お伺いすることができました。
いつもは、3分間スピーチの実習があるのですが、
この日は「私の話を聞いていればいい」と
皆様リラックスしていらっしゃったようです。

が、そうはいきません。
私の教室でもいつもお伝えしています。

100回「上手になる話し方」を聞いても上手になるのは難しいです。
畳の上で100回「上手な泳ぎ方」を聞いても無理と同じ事です。
1回でもやってみましょう。

人前で汗をかいて恥をかいて場数を踏んでいきましょう。

この日も私が、表情、声の表情、挨拶を実習を交えてお話した後に
皆様に1分間で感想を、正面に立ってお話頂きました。
同じ話を聞いてもそれぞれの方の性別、年齢、立場で
受け取り方は様々です。
それを自分の言葉で、即座に人前で少し改まって
限られた時間に筋道だてて話す。

さすが、普段からスピーチを練習なさっている方達だと思ったのは
次の場面。

17名の方に、座っている順にお話頂きました。
自分の番が近づいてくると、私が言うまでもなくさっと立ちあがって
正面に近づいて控えていらっしゃいます。
場がスムーズに進行していきます。
無駄な時間や動きがない空間は、美しいです。

同じ志を持つ仲間との勉強会は、得難いものです。
「話し方を学ぶって、いいなぁ。」と改めて感じた
神戸スピーチサークルとの皆様とのひとときでした。
ありがとうございました。



  


Posted by みこ  at 10:40Comments(2)話し方