2015年08月30日

短歌(うた)と墨と木のシンフォニー展

8月も、もう終わりですね。
あと、1日を残すだけです。

今日は、8月7日~9日に行われた
「短歌と墨と木のシンフォニー展」の写真をご覧下さい。



私が属している新短歌のグループ「潮」は、
奈良県の生駒に拠点を置いています。
2年に1度、作品展を行います。

今年は、新短歌の他に、墨象、書、木工の作品も展示されました。
その様子を少しご紹介したいと思います。

一人、一点自由に表現した作品を展示しています。↓


こちらは、書家の「奈澄和(なずな)」さんの作品↓
なずなとは、ぺんぺん草の事だそう。
20代の可愛い女性です。


こちらは、万葉集を書かれています↓
墨の濃淡が美しい。


こちらは、吉田令子先生の墨象↓
このように肩の力を抜いた、ふっとした字を書いてみたい。


ここからは、会員の作品↓

言葉だけでなく、豆の絵があるのがいいなぁ・・。
どんな想いが、こぼれたのかしら??と気になる作品でした。



次の作者は、学校の先生でしょうか?
「聴く子は育つ
読む子は伸びる
書く子は考える
そして 話す子はおもしろい」
そうなんですね。ほんとに、話す子はおもしろいですね。

新短歌は、31文字という制約はありません。



こちらは、鍵をテーマに4首を鍵の形に切り抜いた紙に表現。
都会的なイメージです。



最後に私の作品を。

真っ白な紫陽花を頂きました。
それを見た人はみんな、口々に「まあ、きれい!」「珍しいねぇ」と
黙っている人はいませんでした。
そんな瞬間を切り取ったつもりです。。



生きている間にそんな瞬間があったね、という自分の記録を
つけているつもりで新短歌を続けています。
たぶんこれからも私は、自分史を作っていくつもりで、
その時その時の想いを新短歌という形に残していくのでしょうね。
  


Posted by みこ  at 21:56Comments(2)短歌