2015年03月04日

いつも、少女の気持ちを

昨日は、3月3日。
「お雛祭り」
この言葉を聞くだけで、なんとなく華やいだ気分になります。

昨日、近所の方からお電話がありお宅に伺いました。
お部屋には、ご覧のとおりに可愛いお雛さまが
勢ぞろいしていました。
どこかに出かけた時に、買っておいたものだそうです。

下の写真は、お雛様のケーキ。


「お雛様なので作ったから」と
えびの赤、さやえんどうの緑、玉子の黄色が目にもおいしそうな
ちらし寿司を、持ち帰り用のパックに詰めて下さいました。
この時、時刻は朝の9時過ぎです。
いったいいつから作って下さったのだろう?と驚きました。
チラシ寿司は、材料を切るのに時間と手間がかかりますよね。

この方は、私の同級生のお母様。
小さな可愛らしいものが大好きで、
お雛祭りを始め季節の出来事を丁寧に楽しんでいらっしゃる。
いつも、少女の気持ちをどこかにお持ちのように感じます。

このように年齢を重ねていきたいと、
お手本にしている女性の一人です。
私も、いくつになっても、少女の気持ちをそっと胸に
3月3日を華やいで楽しんでいきたいと思います。








同じカテゴリー(日々の暮らし)の記事画像
雪のプレゼント
今年のブログ
夏の思い出
手仕事
愛弟子に恵まれて
ご縁がある方
同じカテゴリー(日々の暮らし)の記事
 雪のプレゼント (2017-01-15 15:54)
 今年のブログ (2017-01-09 18:38)
 夏の思い出 (2016-09-01 15:29)
 手仕事 (2016-06-23 08:19)
 愛弟子に恵まれて (2016-03-02 22:19)
 ご縁がある方 (2015-10-24 23:03)

Posted by みこ  at 10:23 │Comments(4)日々の暮らし

この記事へのコメント
今、年輩の女性が、『私のお雛様』として、こうしたお雛様を飾るのが流行っていますよね(*⌒▽⌒*)
私も、今年備前片上のひなめぐりに行って、ミニを買い、娘のを片付けた後も飾っています。
そうなんだ!手作り市で見つけて、連れて帰りたい子がいたら、迷わず買ったらいいんですよね
で、こうして飾ればいいですよね
Posted by ☆のかけら at 2015年03月11日 14:40
☆のかけらさん

そうなんですよ~!
連れて帰りたい子がいたら、連れてかえったらいいんですよ。
そして、飾ったらいいんですよね~。

そうそう22日(日)本徳寺でいきがい寄席あります。
楽市楽座もあります。
連れて帰りたい子がいるかもしれません。
ご都合よけらばせひいらしてください。
Posted by みこみこ at 2015年03月14日 23:21
お雛様、何度見ても、楽しくなりますね。
このような可愛らしいお雛様をお年を召されても愛する、少女のような心でありたいと思います。
Posted by 風又三郎 at 2015年03月16日 22:04
風の又三郎様

本当に、お雛様可愛らしいですね。
お雛様のように、いくつになっても可愛げのある人でいたいと思います。
Posted by みこみこ at 2015年03月31日 08:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。