2015年09月12日

三つの袋の話

このタイトルでピン!ときた方は、「話し方」の本を
よく読んでいらっしゃいますね。

そうです。
結婚式のスピーチの例でよく見る話です。

この三つの袋の話は、とてもわかりやすく
また誰が喋っても使えるので便利な話です。

けれど、誰でも使えるということは、
自分の前の人がその話をしてしまう可能性が
なきにしもあらずです。
ですので、どこかに自分の具体例を入れて、
万一、他の人が先に喋ったとしても、自分の話として、
喋る事ができるようにしておくとか・・・
もしくは、もうひとつ用意しておくとか・・・
一つ用意するのも大変な事なのに
二つも用意するとは、大変ですよね。
なかなかこの話は扱いが難しいと思います。



先日の模擬披露宴で、新婦の友人役の方が、
まさにこの話をなさいました。
私も、よく知っている話ですが、印象に残りました。
なぜかと考えてみると、この話をした方が新婦を見て、
心から自分の想いとして誠実にお話していたからだと思います。



言葉の語尾も丁寧で、華やかですが、
ただ賑やかだけでいい訳ではない結婚式にふさわしい
話し方でございました。
と、このように語尾を「ございます」で締めると、
文全体を敬語で話さなくても充分に丁寧さが伝わりますよね。
このようなお話のしかたをなさっていました。




と、ここまで読んで「ところで、さっきから書いてある三つの袋って何の事??」と
頭の中に????がグルグル回っているあなた。
そんなあなたに、ご本人のお許しを得ましたのでご紹介します。

それは、

「大切にして頂きたい三つの袋」
一つ目は、「堪忍袋」

この袋を守る方法はどちらでもいいから
先に「ごめんなさい」をいう事でございます。
「負けるが勝ち」という言葉もございます。
どうか先に「ごめんなさい」という事を心に留めて
頂きたいと思います。

二つ目は、「胃袋」
これは、健康を意味します。
ビタミンAもビタミンCも大切ですが、一番大切なのは
あなたのビタミン愛(アイ)たっぷりの手料理です。
(このビタミン愛では、会場に笑いがおきました。)

三つめは、「おふくろ」でございます。
このおふくろの中には、お父さんも含まれています。
今日の晴れ姿があるのは
お父さんお母さんのお陰ではないでしょうか?
今日、あなたには新しいお父さん、お母さんができました。
新郎のお父さんお母さんもご自分の両親と同じように
大切になさってください。

プラスアルファとして大切にして頂きたいもの。
飛行機に乗るとマイルが貯まります。
お二人にも貯めて頂きたいマイルがございます。
それは、ス・マ・イ・ルでございます。
お互いのスマイルを一つでも多く作り出して頂きたいと思います。
どうぞ三つの袋とスマイルを大切になさって下さい。

この方ならではの工夫も随所にあり、
ビタミン愛とスマイルのところは、ユーモアがあって、
会場からは笑いがおこりました。
ユーモアがある話は、いいですね。

三つの袋、いかがですか?
そうそう!
給料袋というのも、ありますね。















同じカテゴリー(話し方教室 )の記事画像
一年を振りかえる
ハプニングはつきもの
合同スピーチ発表会
KCC 神戸新聞文化センター姫路本部 話し方教室
加西北部公民館 話し方教室7月
加西北部公民館 6月
同じカテゴリー(話し方教室 )の記事
 今年も、あと1時間足らず・・ (2016-12-31 23:33)
 一年を振りかえる (2016-12-20 21:55)
 ハプニングはつきもの (2016-11-13 22:46)
 合同スピーチ発表会 (2016-09-13 23:15)
 KCC 神戸新聞文化センター姫路本部 話し方教室 (2016-08-22 11:20)
 加西北部公民館 話し方教室7月 (2016-07-20 23:09)

Posted by みこ  at 21:49 │Comments(0)話し方教室

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。