2015年09月16日

空っぽの話

先日の模擬披露宴から、空っぽの話をご紹介します。
新郎側のスピーチです。
ざっと、以下のような内容です。



新郎の○○さんは、
ご覧の通りにスポーツマンです。ダンディです。
さて、中身の方は、
空(くう)です。からっぽです。
私が、今から言う「からっぽ」と
皆様が想像なさっている「からっぽ」は、
少し違うかもしれません。

皆様のテーブルの上にグラスがあります。
そのグラスに水がいっぱい入っていれば、もうそれ以上入りません。
でも、グラスが「からっぽ」だと、どんどん入ります。
新郎の○○さんは、人とお話する時、「からっぽ」なんです。
そして、人の話をどんどん受け容れます。
そういう器の大きい方です。
ですから、新婦の○○さん、どんどん新郎にお話して甘えて
幸せな家庭を築いて下さい。

という内容でした。

新郎の中身は「からっぽ」なんて、どっきりしますよね。
どうなるのかしら?と少々ハラハラしながら聞いていると、
なるほど、そういう意味だったのかと、納得しました。

この話も「空」という意味を知れば、誰でも簡単に使える話です。
ただ、この方は誰でも簡単に使える話をある事で
オリジナルなものになさいました。

それは、こちらです。↓(ご本人の許可を頂いております)


「空」の字が書かれた団扇を掲げて、
聴覚だけでなく視覚にも訴えました。
そして、そこに墨で書かれた文字は、もちろん自筆。
この写真では、わかりにくいですが、左下に落款もあります。

自筆の文字を小道具に使った事で、
自分自身の話に仕上げ聞き手の耳をとらえました。

聞き手が聞きたいのは、あなたの話。
どこかで誰かが言った事や、書いた事ではないのです。
自分自分自身の話が語れるようになりたいものです。



同じカテゴリー(話し方教室 )の記事画像
一年を振りかえる
ハプニングはつきもの
合同スピーチ発表会
KCC 神戸新聞文化センター姫路本部 話し方教室
加西北部公民館 話し方教室7月
加西北部公民館 6月
同じカテゴリー(話し方教室 )の記事
 今年も、あと1時間足らず・・ (2016-12-31 23:33)
 一年を振りかえる (2016-12-20 21:55)
 ハプニングはつきもの (2016-11-13 22:46)
 合同スピーチ発表会 (2016-09-13 23:15)
 KCC 神戸新聞文化センター姫路本部 話し方教室 (2016-08-22 11:20)
 加西北部公民館 話し方教室7月 (2016-07-20 23:09)

Posted by みこ  at 22:11 │Comments(2)話し方教室

この記事へのコメント
みこさん、披露宴の空の話しを上手に素敵な文章に仕上げる技術と申しますか文章力とおっしゃるのでしょうか、凄いと感じます。
どうすれば身に付くのかなと安易に考えています。
Posted by 風の又三郎 at 2015年09月18日 00:05
風の又三郎さん

い、いえ、私の文章力など微々たるものです。
この「空」のお話が、素敵だったのです。
Posted by みこみこ at 2015年09月25日 11:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。