2016年08月07日

品物に託して送るものは・・・

今週、リビング姫路とリビング加古川の特集は、
「播磨の手土産を買いに」というものでした。

お中元や帰省の手土産など、何かと贈り物をする機会が増える8月初旬に
ぴったりの特集ですよね。



表紙で紹介されている和菓子やお醤油は、
もらった方の喜ぶ顔が浮かぶようなセンスのよい品ばかり。

2ページには、編集部が選んだキラッと光る地元の商品とともに
手土産のマナーが掲載されています。




そのマナーについて、先日私がインタビューを受けておりました。
基本的な事ばかりで、誰しも贈り物をしようとするときには
心に留めていることばかりかと思いますが、
何かお役に立てばいいなぁと思いながら
お話させて頂きました。

と書いていたちょうどその時に「ピンポーン」と
宅配便の方が汗だくて荷物をお持ち下さいました。

開けてみると・・・




「感謝」と気持ちを表したカードと
「栄味子様」と私の名前を書いたメッセージと
緑のリボンがかかった箱が、きちっと段ボールに収められています。

贈り主は、かつて航空会社で勤務していた時の同期。
彼女は、熊本在住です。

熊本に地震があった時に、真っ先に彼女の事が思い出されました。
何か送りたいと思いましたが、最初の頃は水も品不足で
道路も寸断されていて荷物が送れませんでした。

落ちついた頃に、お役に立てばいいなぁと祈りながら箱詰めをしました。
この頃になると、水は一段落し掃除道具が必要との情報を得ましたので、
お掃除に使ってもらえるようにタオルを中心に、お水など
気持ちだけのものを送りました。

その彼女から
「こちらも余震かなり少なくなって、やっと日常がもどりつつあります。
その折には、温かいお心のこもった救援物資を送って頂いて
本当にありがとうございました!
早速、お掃除に重宝させて頂きましたヨ。
お水も美味しかった!
遠い地から心配してくださるキモチがとても嬉しくて、
元気がでました。」

との言葉を添えて、品物が届いたのです。
品物を受け取った時は
気持ちだけのものを送っただけなのに、かえって気を使わせてしまったと
申し訳なく思ったのですが、彼女のメッセージを読んで
「よかった。少し落ち着いてこのように手紙を書いたり
荷物を贈る余裕もできたのだなぁ」と嬉しくなりました。

しなものを送る・しなものを贈る・しなものを届ける
根底にあるのは、相手への気持ちですね。

「ともこさん、受け取りましたよ。あなたのお気持ち」

さっそく、今から彼女に電話してみましょう。
懐かしい20代に戻って。







同じカテゴリー(その他)の記事画像
支部創立125周年記念 兵庫県赤十字大会
気になる木
今夜は、祝杯!
ひとぢから商店街
第42回きもの着物着付選手権大会
ひとぢから商店街の新メンバー
同じカテゴリー(その他)の記事
 支部創立125周年記念 兵庫県赤十字大会 (2015-11-29 22:29)
 酔芙蓉 (2014-09-21 08:16)
 気になる木 (2014-09-20 20:56)
 今夜は、祝杯! (2014-09-07 23:04)
 ひとぢから商店街 (2014-09-01 09:38)
 第42回きもの着物着付選手権大会 (2014-07-27 23:32)

Posted by みこ  at 10:11 │Comments(0)その他

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。